<< slow learner #61 | main | slow learner #63 >>
2018.05.29 Tuesday

slow learner #62

 

We do what we're told

 

We do what we're told

 

We do what we're told, told to do

 

 

ピーター・ガブリエル

『We Do What We're Told (Milgram's 37)』(1986)

 

 

 

 


 ミルグラム博士のアイヒマン実験を地で行く平成大日本国をサバイブしておられます閲覧者のみなさま、お元気でいらっしゃいますでしょうか?今月の slow leaner は、本筋に戻りましてタツロー・ヤマシタ・スタディーズ。1980年のアルバム『Ride On Time』からB面4曲目の「雲のゆくえに」

 

 

 70年代シカゴ・ソウル・マナーのシャッフル感が心地よい佳曲です。カーティス・メイフィールドの「Back To The World」あたりを連想させるリズム・パターンに乗って、タツローさん伝家の宝刀のファルセットが響きます。例によって、全パート頑張らさせていただいております。つたないファルセットはどうか大目に見てくださいませ。よろしかったらどうぞ。

 

 

 山下達郎、青山純、伊藤広規の鉄壁のリズム・セクションに加えて、キーボードは佐藤博さん。アルバム『Ride On Time』では、この「雲のゆくえ」でのフェンダー・ローズと、「Rainy Day」での生ピ、どちらも見事な演奏が堪能できます。うねるような白玉のグルーブ感と、合間に入るちょっとしたオブリで曲のムードを決定づけてしまう卓越したセンスが、鍵盤奏者としての佐藤さんの凄いところ。わたくしの技量では通して演奏するのは無理なので、セクションごとに毎日ちょっとずつ、ちょっとずつやりました。

 

 

 「超タイトなんだけどスウィングしている」という、青山純&伊藤広規のリズムセクションの特質がよくわかる、タツロー・ファンにとっては地味ながら重要な一曲なのであります。この不世出のリズム隊を得ることで、60sポップスからファンクまで様々な要素のアマルガムである山下達郎の音楽が、統一した質感をそなえることが可能になったのがこの時期。エンジニア・吉田保とのタッグとあいまって、一気にタツロー・サウンドは確立されます。ここから1984年の『Big Wave』まで怒濤の黄金時代がはじまるわけですね。

 

 

いやー、平成も終わるし、80年代もすでに歴史です。「降る雪や 昭和は遠くなりにけり」ですな。

 

 

え、雪なんか降ってない?うむ、「季違いじゃがしかたがない」って、誰が佐分利信やねん!

わっかるかなあ、わっかんねえだろうなあ ... 。昭和ですみません。んがんん。

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM