2016.05.29 Sunday

業務連絡#5


週末、バルクラッチに足を運んでいただいた方、ありがとうございました。
旧知の方との意外な再会もあり、楽しい時間を過ごさせていただきました。


ケンバン3姉弟さんの、奇天烈かつお洒落な演奏がくりひろげられた今回のライブ。
私は、「Sparkle」から「パレード」まで、20分におよぶ「山下達郎メドレー」に参加させていただきました。なにしろ高いハードルでしたので、だいぶバーを倒してしまったように思いますが、演奏出来てしあわせでした。この手の企画物はやったもん勝ちですから。いいんです。やらなくて後悔するのが一番最悪なのです。


どの曲も大変でしたが、広島でのオバマ大統領の演説の翌日に、達郎さんの「アトムの子」を歌う機会を偶然にも頂いたことは、歌う当人にとってはなかなかに複雑な感慨がございました。


一番楽しかったのはアンコールの、トイ・ピアノ三台の伴奏で歌わせていただいた「Your Eyes」でしょうか。まず今後、この曲を人前で、このような形で歌うことはほぼ100%ないと思うので、よい経験になりました。お客さんにも、ものめずらしい演奏ということでは楽しんでいただけたのではないかと思います。


声を掛けてくれたONYをはじめ、ヨネさん、サギリさんの「ケンバン3姉弟」には大変御世話になりました。PAの方や、お店のスタッフの方にも、この場であらためて感謝の意を捧げさせていただきます。みなさま、どうもありがとうございました!

 
2015.06.03 Wednesday

業務連絡#4

 

遅くなってしまいましたが、5/25箱崎buenosでのライブに足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。


平日、しかもブルー・マンデイにもかかわらず、たくさんのおはこびで感激至極でありました。次はいつになるかわかりませんが、またどこかでお会いできればと思います。



Pepeくんともひさしぶりに音楽で会話できてよかったです。雰囲気のよいお客さんに甘えてしまい、演奏者だけで楽しみすぎたきらいはありましたが、現状でやれることにかんしてはベストを尽くせたと思います。



そして、今回のライブを企画してくださったCYLVACの大久保さん、西村さん、おいしい料理とお酒で場をつくってくださったbuenosの田中さんには特別の感謝を。ほんとうにありがとうございました。



6月の"slow leaner"は、ライブからの流れで山下達郎さんの"Paper Doll"を予定していましたが、またまた締め切りに間に合いませんでした(涙)。途中までですが、とりあえずUp。






ライブでも話しましたが、今年は何か音源を出したいと考えています。おおかみ少年にならないよう頑張ります。そんなわけで、しばらくは地味な作業がつづきそうです。


2015.04.29 Wednesday

業務連絡 #3


5月にCYLVACのお二人とご一緒させていただくことになりました。
アンチムジカは、ギタリストのpepe伊藤くんと二人で参加します。
以下詳細です。



5月25日(月) "Hacomúsica" 会場|Cafe&bar buenos(福岡市東区箱崎1-27-11)

時間|開場19:30/開演20:30 料金|2,000円※1ドリンク別途 出演|アンチムジカ / CYLVAC 【ご予約・お問合せ】 tel / 080-3997-1842




お時間あれば是非。
以上、業務連絡でした。
2015.03.20 Friday

業務連絡 #2


 今月から、福岡市中央区のParks Recordsさんの御好意で
アンチムジカのアルバム『アネモネ』をお取り扱いいただいています。
ここ数年活動出来ていないので状況がよくわかりませんが、まず間違いなく、
現時点で手に入るのはここだけになると思われます。



お店はこちら。



もう7年も前の作品に、「取り扱いたい」とお声をかけていただいたParksさんに
まずは感謝いたします。そして、この作品を「聴いてみたいな」と思っていてくれ
た方にもお詫びと感謝を。



あらためて聴き直すと、”やりたいたこと” をはるかに上回る ”出来ないこと” ばかり
という現実をつきつけられ自身の無能さをかみしめた日々が、頭の中を走馬灯の
ように駆け巡って、住所不定、もとい情緒不安定におちいってしまい、意味もなく
『生まれてすみません!』などとわめきながら走り回りたくなる衝動にかられます。



もちろん、かられるだけです。
実際はわめきませんし、走り回りもしません。
くやしさはだまって背負うだけです。
もうおっさんですから。



典型的な "意余って力足らず "な一枚なのですが、『福岡でも、自分たちだけでも
ここまで出来るんだ』ということを証明しようと頑張っていた同志たちの想いだけ
は込められております。



そのカケラでも、聴いてくださった方に届けられていることを今は願うばかりです。



恋の痛手は恋でしか癒せないように、作品のうらみというのは、次の作品を作ること
でしか果たせません。なんとか、かたきをとりたいと考えております。
すみません、蹴られたことを忘れない犬みたいな性格なもので。



以上、今月の業務連絡でありました。


2015.02.20 Friday

業務連絡 #1


古い知人からのお誘いがありまして、ひさしぶりに人前で演奏することになりました。
 

関西を中心に活動されている、Sundayカミデさんという方の前座をやります。
同じく前座のコロンコさんとは、何曲かジョイントするかもしれません。



今回は一人でやります。
ですので、弾き語り形式であります。
あまり派手なことは出来ませんが、たのしい演奏にしたいと思います。
気が向いた方、ふらりとお立ち寄りいただければ望外のよろこびでございます。



詳細はお手数ですが以下ご参照の上、


さんまでお問い合わせください。よろしくおねがいいたします。

 


Sundayカミデ ソロツアー“ピアノ Kiss!!!”

日時:2015年4月10日(金) 
会場:宮の杜ギャラリー もも庵(福岡市東区箱崎1-43-18-2F) 
料金:前売¥2,500(+1drink order)/当日¥3,000(+1drink order) 
時間:open 19:30 start 20:00 end 22:00予定 
出演:Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ/天才バンド)/アンチムジカ/コロンコ  
主催:ワイキキレコード 
協力:SOUTH POP 

予約方法  
こちらの予約フォームからご予約いただけます 
http://southpop.lolipop.jp/yoyaku.html   
または、メールでも受け付けています 
件名に「Sundayカミデ 予約」 
本文に「ご希望の日時/お名前/枚数(2枚まで)/ご連絡先」をご記入のうえお送りください 
*ご予約はお一人様2枚までとさせていただきます。 
mail:  southpop★um.lolipop.jp(★を@に変えてください) 

===========================================

Sundayカミデ | Sunday Kamide
(ワンダフルボーイズ/天才バンド)
2010年結成の関西を拠点に活動する「マジであったことポップミュージック」を標榜する
イカした6人組バンド「ワンダフルボーイズ」のリーダーでボーカルでもあり、
21世紀の名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」の作詞作曲としても知られるSundayカミデ。 
盟友、奇妙礼太郎、手島コージとともに「天才バンド」の鍵盤としても活動し、
ボーカル/ピアニスト/ソロシンガーと多数の顔を持つアーティスト、ソロアルバムには
自身執筆の文庫本もついていて、音楽家だけでなく作詞家/作家としての一面もある。 
www.sundaykamide.com

===========================================


Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM