2017.11.04 Saturday

Slow Learner #55

 

「しかしこれからは日本も段々発展するでしょう」

 

と弁護した。

 

すると、かの男は、すましたもので、

 

「亡びるね」といった。

 

 

夏目漱石

『三四郎』

 

 

 

 

今月の slow leaner はタツロー・ヤマシタ・スタディーズにもどって、1983年のアルバム『メロディーズ』からB面3曲目、”あしおと”であります。難波弘之さんが奏でるハモンド・オルガンの響きが印象的な、ファンの間では隠れた人気曲です。アルバムの中では、”メリー・ゴーラウンド”、”Blue Midnight”と来た流れを、”黙想”〜"クリスマス・イブ”へとバトンをつなぐ重要な役割を果たしています。地味なんだけど、この曲があるのとないのとでは大違い。野球選手でいうと、巨人の川相とか、ヤクルトの宮本みたいな。たとえが古いですか。そうですか。

 

 

達郎さんのギターはむずかしいことは何もしていないのですが、かゆいところに手が届く、ツボを押さえた演奏です。いつもの的確なリズム・カッティングだけでなく、クリーン・トーンによるリード・プレイもぐっときます。Staxのスティーブ・クロッパー、Hiのティーニー・ホッジス、American Soundのレジー・ヤングといったメンフィスやナッシュビルのスタジオ・ミュージシャンからの影響を感じさせる、訥々としたプレイが曲想にベスト・マッチ。こういういなたいギターって、簡単に弾けそうでなかなか弾けないんです。憧れます。

 

 

 

2017年もあとわずかです。季節の変わり目、体調管理にお気をつけくださいませ。

このつづきは満月の夜に

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM